Top > ツアーレポート > 谷川岳登頂コース > 4月7日!吹雪の谷川岳

4月7日!吹雪の谷川岳

4月に真冬並み!谷川岳

2012年4月7日


爆弾低気圧が通り過ぎて3日後、今度は真冬並みの寒気におおわれた北関東。

谷川岳登山

2月の厳冬期並みのパウダースノーの中、出発です!

快晴谷川岳

いい天気での登山を希望してた参加者は翌日に変更してもらって、

今日はやる気満々の行動派ばかり!


強風

時折強風も襲ってきます。

瞬間的には風速10メートルを超えてそう。


地吹雪

地吹雪も!


行動中

強風が吹くのは短い間なので、風が止まったら移動の繰り返し。


避難小屋

熊穴沢の避難小屋に到着。

「避難小屋って言っても、入るのは超無理です」という説明、これで分かりましたね。

まだまだ雪の中です。


スガワラさん

残念ですが今日はここで折り返し。

昨年は晴天の日に参加したスガワラさん。

4月にこんな日もあるんですね~。


谷川岳ツアー

意気揚々と帰り道。


テント

ベースキャンプに帰ってきたー!

という訳ではなくて、テント泊をしていた人達のテントを借りて撮影。

なんかそれっぽい雰囲気でいいですね。


穴掘り

で、私達は何をしてるかというと・・・


雪洞堀り

雪の下から顔が!

雪洞掘りです。


食事中

さすがに雪洞は中々掘りきれません。

半雪洞状態で一人だけ食事スペース。


ツエルト内

雪洞は時間かかるので、ツエルト内でご飯タイム。


掘り掘り班

その間も、やる気に溢れた堀り堀り隊。


雪洞作業

着々と作業が進行。


雪洞完成!

食事タイムの隙間を使った短時間でここまで掘れました。

大柄の男三人でも何とか入れます。


ツエルト

ツエルト班。

強風でも樹木を利用すると全然大丈夫。


擬似好天

おお!晴れ間が!

なんてわけはありません。

ほんの短時間だけ一時的な雲の切れ間。


吹雪き!

晴れ間の直後に一瞬の猛吹雪。

雪洞記念写真が、まるで遭難ビバークの写真みたいになりました。

たけかわさん

まさか食事中の合間に三人分入れる雪洞が完成するとは思ってませんでした。

今日は気象が厳しくなりそうなので、サブガイドをお願いしたタケカワさんと友人のウサミさん。

雪洞掘りで物凄い活躍してくれました。

まっちゃん

せっかくなので私の写真も撮ってもらいました。


ゴール間近

雪洞はスキー場へ下がる尾根のすぐ近くで掘ってたので、晴れ間の内にスキー場を目指します。

 

ゴール!

スキー場上に到着したと思ったら、また雪が降り始めました。

 

谷川岳

うっすら見えてる谷川岳をバックに撮影。

 

個人撮影中

強風で綺麗にならされた雪原で個人写真。

 

失敗!

ポーズとり過ぎて転んでしまった!

こんな姿も容赦なく撮影します。

 

また吹雪き!

そんなことをしてるうちに、また雪が降ってきました。

みなさん、お疲れさまでした!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

谷川岳登頂コース

スノーシュー登山、谷川岳山頂。天神尾根からの4月残雪期ツアーです。ガイドツアー水上ハッピー


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト