Top > ツアーレポート > その他のコース > 草津スノーシューへ

草津スノーシューへ

軽井沢から草津へ。

草津、本白根山。

 

リピーターさんのリクエストで、草津白根へ。

通常は登山道沿いに進んでいくと山頂は踏めません。

でも雪の時期は国立公園と言えども登山道以外を進むことができます。

つまり、夏場は踏むことが出来ない山頂を踏むことが出来るのです。

 

ということで、草津白根スノーシューへgo!

浅間山

途中、真っ白な浅間山。

お客さんを新幹線の軽井沢駅へお迎えに行って、途中であまりに景色良かったので車を止めて撮影。

 

今日は晴天なのですが、風が少し強いのが心配。

ロープウェーが風で運休になると登れないのです。

午前中で山頂の風速17m。午後から15m、13mと下がって行くので、待っていればそのうち動くだろう、ということで麓のスノーシューコースへ。

氷谷コース

二つあるうちの、風下側の方へ。

スノーシュー練習

ここまで来て、普通のスノーシューハイキングではつまらないので、スノーシュー登山の練習を。

怖がりのトモちゃんに、傾斜の強い斜面をスムーズに歩けるように練習しながらハイキング。

トラバース

トラバースと言って、斜面を横切る練習。

数日前に気温が上がって融けた斜面が硬くなっているので、良い練習箇所です。

まだちょっとぎこちないかな?

日陰の斜面なので、硬い雪の上に新雪が乗っていて、中々の曲者斜面。難しい場所です。

次は日向側。

こちらは実に歩きやすいので、さっき練習した基本通りに歩けば楽勝。

トモちゃん早い!

 

氷谷コースで練習した後、スキー場に戻ってお昼ごはんを食べながら、ロープウェーが動くのを待ちます。

草津白根

なかなか動かない・・・。

山岳の気象情報でも、山頂で風速13m。ロープウェーの位置ならもっと弱くなってると思うのですが・・・。

データだけではなくて、実際に雲の動きを見ても、もうそんなに早くはないし・・・。

しまいに風がほとんどなくなって、上空の雲も消えて、薄い雲が殆ど流れずにたなびいてるだけの状態になっても動きませんでした。

 

ロープウェー使って歩けば1時間あれば帰ってこれる山。

さらにコマクサリフトを使えばもっと早いので午後の出発でも十分常識的な範囲で戻ってこれる山だったのですが、ロープウェーが動かないのでは仕方ありません。

同じ白根でも、日光白根のロープウェーだったら絶対動いてるよ~と言いながらも、諦めてスノーシューコースへ移動。

 

スノーシューの午後練!

午後練習

かなりのテクニカルな急斜面なのですが、見てくださいトモちゃんのこの綺麗なフォーム。

午前中の最初の写真と見比べても、段違いに安定してます。

斜面降り

基本は平らな道沿いだけのコースですが、安全そうなところを見つけては急斜面の練習。

ただ、場所を選ばないと沢に落ちてあぶないので、地形はちゃんと見極めましょう。

 

はっとりさんグループ

スノーシュークリニック終了!

 

草津ときたら、帰りは当然温泉でしょう!

草津温泉

草津名物湯畑。

まっちゃん

温泉に入って湯畑めぐり。

この後、またお客さんを軽井沢駅まで送り、帰路みなかみへ。

山頂にいけなかったのは残念でしたが、なかなか楽しい一日でした

 

2017年2月19日。

草津白根山

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

その他のコース

ハッピースノーシューのツアーコース。通常開催とは別に特別開催したところなど。赤城山など。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト