Top > ツアーレポート > その他のコース > 平標山のリクエストで行ってきました。

平標山のリクエストで行ってきました。

平標山・ヤカイ沢経由。

2019/04/12。

 

リピーターさんのリクエストで平日に平標山へ。

土日だと、なかなか特別コース開催が出来ませんが、平日なら相談していただければ結構なんとかなります。

平標山

4月中旬だというのに、前日まで雪が降って真っ白な状態です。

 

スーパーリピーターのエミちゃん、まゆちゃん。

そして、上越地方の雪山に行きたがっていた、同じくリピーターのワダさんをお誘いしての山旅です。

一番目の岩

朝早く集合して出発!!

 

別荘地

除雪されてる道路は靴のまま来ましたが、そこから先はスノーシューの出番です。

道路も凍ってる所が多く、雪山用の硬いブロックパターンの靴じゃないと危なかったと思います。

ゲート

ゲートの所でヤカイ沢に入ります。

 

テンの穴掘り。

粉雪の新雪の上に、アニマルトラックが沢山ありました。

これは、テンの足跡と掘った跡。

餌でも探したんでしょうか。

ヤカイ沢画像

開けているし、斜度が平均的に緩やかに上がっていくので登りやすいルートです。

後ろに松手尾根の美しい稜線が見えてます。

バックカントリー

元々はバックカントリーの人が多いコースです。

厳密に言えば、尾根で登るよりは雪崩リスクが発生するルートです。

不安定な大量の積雪などが有れば、このルートは選びません

 

苗場山

振り返ると苗場山。

 

青空

概ね、お天気が良いのですが...お昼ごろに上空を気圧の谷が通過する予定。

 

急傾斜

沢沿いルートから逸れて、尾根に登り上げる斜面。

今日一番の傾斜。

と言っても、一定の斜度で段差も無いですし、松手や平元新道に比べたらラクチンです。

 

平標雪山登山

登りがきついな~と思ったら、後ろの景色を振り返りましょう。

 

尾根上

尾根の上に取りつきました。

高山帯の低木ばかりです。

 

スノーモンスター

昨日の雪でスノーモンスターになりかけてます。

 

仙ノ倉山

夏の登山道に合流して、お隣の仙ノ倉が見えてきました。

 

平標山の家

後方には、平標山の家。

平標稜線歩き

山頂近くにして、雪がちらついてきました!

エビの尻尾

凄い!エビの尻尾が北風と南風との両方向で出来ている。

しかもどちらも真新しい。

エビの尻尾が出来るほどの強風が、北と南で短期間に入れ替わったということですね。

平標山頂雪山。

山頂にて、記念写真。

日白山

北側、日白山やタカマタギ方面。

今季リピーターさん、日白山に登る相談をしてたのですが...最初の予定日は雪が少なくて笹の踏み抜きが心配なために順延。

次の予定日は雪が降り続いていて、平日に少人数ではラッセルが心配なので順延。

結局登れずに、今回は平標でした。

松手尾根方面

一見、なだらかな稜線が伸びる松手尾根方面。

同じ標高差を登るとして、なだらか部分が続くということは、それ以外にシワ寄せがいって急な登りになるわけすね。

下山

晴れ待ちは無理そうなので、雪が降る中下山開始。

満足?

みんな笑顔だから、満足してくれたかな?

 

天気回復。

下山中に天候回復。

残念ですが、この時間まで山頂に居たとしたら、下山時間は夕方ですしね。

下山完了

下山完了!

と言っても、ここから林道がちょっと続きますが。

皆さん、お疲れ様でした!

来年、またお天気が良い時にきましょうね。

 

おまけ。

今回、参加者のみんなが写真好きだった為、私の写真を送ってくれました。

まっちゃん

ヤカイ沢の徒渉個所をチェックする私。

ダウン

山頂で、食事中ダウンを羽織っていた私。

蛍光色気味のフードを被った上から、グリーンを着たら変な色の組み合わせになりました。

山だから、そんなの気にしない!機能優先!!

 

ガイド中

下山開始して、少し暖かくなったので上着を脱いだ私。

平標朝いちばん

午前の登りの時、スノーシュー履いてラッセルしている私。

この時は、この薄着でも汗をかくほどでした。

この後、山頂でダウンを着ることになろうとは。

 

休憩中

ちょっとリラックスし過ぎな私。

こんな気を抜いてるところをパパラッチされてしまいました。

 

ところで今回、下山中に凄く疲れて歩いてるお二人が登ってきました。

山頂の場所も分からず、ルートのこともあまり把握してなかったようです。

山頂の位置やおおよその時間など、質問されたので色々お話しして、どの辺で引き返すかをアドバイスしました。

アイゼンも履いてないでツボ足だし、平日に人も少ないしそこまで天気が良い日でもないし...

バリエーションルートに来るのはちょっと危ないですね。

足跡を着いて来ちゃったのかな...?

 

平標山。

 

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

その他のコース

ハッピースノーシューのツアーコース。通常開催とは別に特別開催したところなど。赤城山など。