Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 予想外の好天気、雨呼山!

予想外の好天気、雨呼山!

足跡たっぷりの雨呼山

2014年2月2日。

 

今日は4名さま1グループの貸しきりで雨呼山。

予測天気図どおりだと、午後には寒冷前線が通過することになっているので、一時間早くスタート。

昨日まで出ていた雨予報は外れそうだけど、それでも天気が崩れそうだったら早めに戻る作戦。

スノーシュートレッキング参加

登山やハイキングなど経験豊富な4名様。

 

源流地帯

利根川源流の集落を背景に一枚。

みなさん、山や森と人里の関係などのお話を熱心に聞いてくれるので、こちらもお話に力が入ります。

 

タヌキのあしあと

雪山ではあまり見かけない、恐らくはタヌキのあしあと。

 

山頂で写真

山頂に到着!

 

テーブル作り

平らなところまで移動して、お昼ご飯のテーブル掘り。

私がご飯を準備している間に、皆さんにテーブル作ってもらいます。

 

ランチです

自分達で作ったテーブルで食べるランチはまた格別?

 

キツネのあしあと

午前中に見た、バタバタしたタヌキの足跡とは対照的なキツネの足跡。

細~~い尻尾の先をこすった跡もちゃんとついてます。

 

足跡たち

キツネの足跡を辿っていくと、その隣にテンの足跡、さらに等間隔に兎の足跡。

ついでに、一番奥にスノーシューで歩いた跡。

今日は足跡だらけですね。

 

石舞台

雨乞いの石舞台。

あれ?午後から天気が崩れるどころか晴れてきました。

雨呼山なのに!

ヤマナシ

今年は数年ぶりに、野生のヤマナシの大豊作。

北風で木の枝からボロボロ落ちていました。

秋には硬くてまずいヤマナシが、この時期に甘くなって動物達に食べられます。

 

テンのフン

テンがヤマナシを食べた跡。

他には、キツネや兎などの足跡も。

もしかしたらタヌキもここを目指していたのか?

冬には滅多に山に来ないニホンザルのふんっぽいのもありました。

スノーハイキング

さすが、登山やハイキング仲間の皆さん。

雪の上のスノーハイキングも堂に入ってますね~~。

 

氷筍

真冬の神秘。氷筍。

 

武尊山

もうすぐゴールになろうという頃なのに、午前中よりも晴れていて、武尊山がくっきり。

天気図を確認したら、低気圧と前線が物凄い急カーブを描いて北上して関東からそれてました。

今シーズンは前にも一度、そんな日がありました。

最近のお天気は急というか極端な例が多いですね。

 

ゴール

ゴールまでお天気が持ちました!

谷川連峰朝日岳を背景に撮影!

まゆちゃん、しげちゃん、みわちゃん、すみちゃん、お疲れ様でした!!!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。