Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 大雪の雨呼山

大雪の雨呼山

吹雪のスノーシュー。

雨呼山。

 

今期ナンバー1くらいの雪の降りらしいです。

でも先週の土日の方が酷かった気が・・・?

とはいえ、相当な雪の降りには違いない週末です。

 

リクエストの大峰沼コース、除雪が途中までしか済んでなくて断念。

ならば、ノルンスキー場から行こうとしたら、高速道路のインターチェンジを降りてすぐの所から渋滞。

たまたま通りがった人に聞いたら、登れない車がアチコチで道を塞いでニッチモサッチモ行かない状態になってるらしい。

 

その渋滞の一部にならないうちに、Uターンして別コースへ。(あの後、後ろからどんどん来る車に挟まれる前に移動できてラッキーでした)。

雨呼山

そういうわけで、コース変更でやってきた雨呼山。

ここも、途中、事故車と登れない車が両車線を塞いで渋滞を作ってましたが、押したりどかしたり、頑張って辿り着きました。

スノーシューウォーキング

スノーシュー暦は10年を超えるという大ベテランのグループの貸切!

たけちゃん、のむさん、よっちゃん、きんぼうさんの4名と一緒にスタートです。

ブナの背びれ

ブナの木に、雪の背びれ。

横風の強風が作り出す造詣です。

夜間から早朝にかけて、どれだけ強風だったんだろうというのが伺えます。

トラバース

山頂。

本当なら、私が立っている位置はこの標識よりずっと下なのですが・・・

風下側に吹き溜まった雪のせいで、同じ高さになりました。

私が立っている位置は、岩が岬のように突き出している場所で安全ですが・・・それ以外の所は屋根の様に雪だけが伸びていて、下は空洞になっています。

雪庇(せっぴ)というやつですね。

最近、雪庇側に足跡が付いていることが多いので、一応記載しておきます。

落ちたら崖です。

 

だうんひる

深い雪の中を駆け下り。

今日は、1シーズンに何度も無い、極上のパウダー。

ふかふかで雲の上を歩いてるような感覚になれる日です。

転んでる人も居ますが、雪がクッションになるので大丈夫。

雪の椅子

ランチの場所に来たら、穴掘り作業。

ランチ

掘りごたつのように、穴を掘って椅子代わりです。

余裕のスノーシュー

お昼ごはんの後。

みんなだいぶ慣れて来てるので、下りもスムーズです。

 

雪庇

お昼ごはんの場所は北風が当たらないところなのですが・・・ここからは北風がビュービュー当たります。

寒そう!

余裕

しかしスノーシュー暦10年の皆さん、余裕です。

みなかみは他の地域に比べても気温が高いですからね。

氷筍

龍棲洞の氷筍。

マックスまで育って感じです。

ドーナツの木

ドーナツの木。

移動中

もすうぐゴール。

駐車場

ゴールの駐車場が見えてきました。

車の高さよりも雪の壁が高い。

ゴール

吹雪の中ゴールです!

皆さんお疲れ様でした。

 

おまけ。

まっちゃん

クライミングの要領で雪の壁にへばりついて、高さを表現してみました。

 

2017年2月21日。

雨呼山。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。