Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > フランスのお客さんでした

フランスのお客さんでした

Y.H泊のお客さん。

2018/2/12 雨呼山。

 

前日、水上町のユースホステル、ラズベリーY.Hさんより「フランスのお客さんお二人なんですけど空いてますか?」と連絡が入り、一瞬焦りましたが・・・

「日本語ペラペラなので大丈夫です」と続いて連絡が来たので一安心。

雨呼スノーシュー

ソルさんとアルビンさん。

アニマルトラック

リスの足跡とテンの足跡。

捕食者と被捕食者の足跡が綺麗に並んでます。

 

ソルさん

今日はちょっと雪が堅いので、下りは慎重に。

ブナの殻

ブナの実の殻が落ちてます。

散乱

不動の松の木の下に、木の皮や何やら色々散乱。

木の下にまっすぐ落ちてきてるので、風で折れたりして落ちてきたものでは無さそう。

胡桃の殻。

クルミの殻も混ざってます。動物の食痕です。

ドングリの皮

こちらはドングリの皮。

リスか何かが、この木の上でお食事したのでしょうか。

木の皮も沢山落ちてたので、この木の樹皮の裏とかにも隠していたのかも?

 

トラバース

山頂直下のトラバース。

一応、小さなものではありますが雪崩地形なので、注意しながら進みます。

積雪量も少なく、カチカチに凍ってるので今日は比較的安心です。

山頂で

山頂での写真。

看板で顔が隠れそうになる人も多いのですが、お二人とも背が高いので余裕で顔が出せてます。

ソリ遊び

滑り台で移動。

今日はスピードが出すぎてしまう雪質なので、角度が緩い斜面で。

 

スノーシュー

滑った後は、体や手袋に付いた雪をちゃんと落としましょう!

雷神岩

雷神岩。

岩のちょっと横の方に、カモシカが崖を昇り降りした足跡がありました。

熊が折った枝

風神岩からの景色を眺めて、

ランチ

お昼ごはん。

うどんはお口にあったでしょうか。

 

亘理ガイド

午前中は他にも何パーティか会いましたが、午後はあまり人が入らない方に移動したので、出会ったのは1パーティだけでした。

更に移動

雪が堅めで下りはちょっとコツが要るのです・・・

お二人ともお上手!

山梨

ヤマナシの実を発見。

鳥が突いた痕がありますね。

洞窟

洞窟の氷筍。

アイス・バンブー。

ゴール手前

ゴール手前で、普通にビギナールートで戻るか、ちょっと回ってエキスパートルートで戻るか聞いたら、すかさずエキスパートと答えるアルビンさん。

アクティブですねー。ソルさんはちょっと大変そうでした。

ゴール

お疲れ様でした!

 

2018年2月12日。

雨呼山。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト