Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > 2月24日、雨呼山。

2月24日、雨呼山。

ご新規さん達と。

2018/2/24 雨呼山。

 

今日は、タカさんクミさんのお二人と、ラクさんの三名様とで雨呼山へ。

雨呼山

二組ともご新規さんのお客様です。

2月前半くらいまではお客さんの大半がリピーターさんでしたが、ご新規さんの割合が増え始める時期です。

スノーシューポーズ

曇り空だけど、薄曇なので日焼けしそうなコンディションでスタートです。

 

クミちゃんは日焼けを心配して「今日は大丈夫ですか?」と言ってましたが・・・

薄曇の空って意外に紫外線量が多くて日焼けしちゃうんですよね。

今日は、雲が厚くなって雪が降るのは後半終わりごろです。

クミちゃん

新雪の下に、少し滑りやすい堅い雪質。

「転び易いから、怖い人は斜めに降りて~」と言ったら、即ななめ折りを実践するラクさんとクミちゃん。

 

たかさん

果敢に真っ直ぐ下に駆け下りてみるタカさん。

転んでしまいました。

と言っても、良く見たら何日か前に誰かがソリ遊びをした滑り台が雪の下に隠れてました。

うん、それは転び易いからしょうがないですね!

リスの足跡

リスの足跡。

木の横から始まってます。

キツネの足跡

まっすぐに歩くキツネの足跡。

 

山頂へのアクセス

山頂までもうすぐ。

 

山頂写真

山頂で記念写真。

 

コッヘル鍋

ランチ設営。

ご飯タイム

みんなでお昼ご飯。

お天気がそろそろ崩れてくるタイミングでしたが、お昼ご飯の間は大丈夫でした。

 

雨呼の岩

昼食後、再び歩き出し。

ちょうど雪が降り始めました。

テンの足跡と穴

テンの足跡と、掘った穴。

穴の奥にちょっと黄色っぽい色が付いてたので、何かあったのでしょう。

下り斜面

北面の、新雪が残っている斜面へ移動。

らくさん

ラクさん、下りのコツを掴んだ!?

氷筍ひょうじゅん

氷筍、少し細くなってきたかもしれません。

タカノツメ

定番の撮影場所。

ゴール間近

ゴール近く。

ちょっと回り道で、下りの新雪斜面へ。

ゴールの看板

ゴールする頃には、だいぶ雪が降り始めましたが。

風も無く、ふわふわした良い雪質でした。

 

 

2018年2月24日。

雨呼山

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト