Top > ツアーレポート > 雨呼山コース > ご夫婦貸切で雨呼山へ

ご夫婦貸切で雨呼山へ

雨呼山。

2019/02/09。

 

観測史上最強寒波が来ると、ニュースなどで事前に言われている三連休の初日。

スギウラさん

連休を遊び倒すために、遠くからいらしてくれたご夫婦をご案内。

というか言うほど寒くないです。

北海道に最強寒波が来てるとしても、こっちには平均的以下の影響でしょうか。

ウサギ足跡

ウサギの足跡。

クロモジの木のところで足踏みしてますが、枝を齧って食べた跡がありました。

 

リスの足跡

リスの足跡。

足跡の間に低木が一本入っていて、一見すると歩く邪魔になってそうです。

リスはその木に飛び乗ってから飛び降りているはずです。

 

リスの足跡その2

リスの足跡その2。

さっきの足跡を辿った先のところ。

地面まで繋がっている木の根もとの穴に潜って出入りしてます。

秋のうちに、ドングリなどを木の根元に隠しておいて、冬に食べています。

 

複数の足跡があるのは別個体なのか、それとも同じリスが何度も出入りしたのか。

 

熊のつめあと

タカノツメ(ウコギ科)の幹にクマの爪あと。

写真だと分かりづらいのですが、雪の重さで斜めになっている木の幹の下側、

オーバーハングになってしまっている箇所をわざわざ登ってます。

*この爪跡が付いた年には、この木は既に同じ角度になってました。

タカノツメ

お客さんが「オーバーハングしてるのが分かるように写真を」というのでチャレンジしてみましたが・・・

写真撮ってみましたが、この画像では全然伝わりませんでした。

 

山頂で

山頂で辺りを見回しながら雨呼山の説明をしてると、野鳥の鳴き声が。

カラ類の混群が飛んできました。

 

コガラ、ヒガラと飛んできたと思ったら、次にヤマガラ。

ヤマガラ

ヤマガラの群れは、目の前のマツの木にとまってマツボックリを食べ始めました。

 

お二人とも、自然とか鳥が好きだったようなので、喜んでいただけました。

雷神岩

雷神岩。

設営

お昼ごはん。

歩いてるぶんには寒くないのですが、立ち止まって食事となるとやはり寒いです。

というわけでツエルトを用意。

内部

ツエルト内部。

ガス

天井を高めに張って、そこまで寒い日ではないので隙間も複数作って換気を良くして、ツエルト内でランチを準備。

 

湯気

湯気出てます。

 

出発

食べ終わって、再スタート。

 

雨乞いの石舞台

雨乞いの石舞台。

石舞台上

上に乗ってみました。

風神岩

風神岩。

スノーシュー

森の中を移動して、

手割石

天狗の手割り石。

 

岩壁

岩場を横切って、

氷筍の洞窟

氷筍のところへ。

いつになく、大きく育ってる気がします。

木の穴

木の穴からのぞいてみました。

ブナ

ブナの森で、風格のありそうなブナの木と一緒に撮影。

ゴール

お二人とも、お疲れ様でした!!

 

2019年2月9日。

雨呼山コース。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

雨呼山コース

群馬県利根郡みなかみ温泉のスノーシューハイキングコース、雨呼山。藤原地区の山です。