Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 2月1日、一ノ倉沢

2月1日、一ノ倉沢

リピーター貸し切りでした。

2018/2/1 一ノ倉。

 

毎年、みなかみに宿泊で来てくれているリピーターさんの平日貸切ツアー。

(別に貸しきったわけではないですが、平日だとこんな感じが多いです)

谷川岳

三年間で5回目の参加ですが、谷川岳がこんなに良く見えたのは始めてかも?

元々、一ノ倉の岩壁の絶景に魅せられて、みなかみにスノーシューに来ることを決めたというヒデちゃんと一緒にスタートです。

湯檜曽川

薄曇ですが、今のところは眺望はばっちり。

3時くらいからお天気崩れる予報なので、少し急ぎ目に。

 

急ぎ目に、と言いながらも

真っ直ぐ行かずに川沿いに降りていって、動物の足跡を眺めたりとか。

テンのあしあと

テンの足跡。

 

川

こうやって、下に水が流れている箇所の、渡れそうな所を選んで渡ります。

お客さんが大勢居る時ははこういう行動は難しいのですが、リピーターの男性御一人となれば、「ここ行けるかな?どうかな?」という所にチャレンジできます。

失敗すると落ちます。

もちろん私が安全確認してから渡るから大丈夫なのですが、いざ渡れない!となった時に、川沿いの狭い斜面を移動したり、急坂を登って戻ったりするのは、普通のお客さんには厳しいです。

というわけで、結構チャレンジしながら移動しました。

雪原

スタートしてすぐ、川の上に降りるコース。

もっと積雪が増えれば余裕でいけるのですが、まだそこまで雪の橋が出来ていないので、ここで降りていったのは今季初。

雪の淵

こうやって、両岸から積雪がせり出して行って、雪の橋が完成します。

これの表面にだけ新雪が積もった状態だと、足を突っ込んでしまったり下手をすると落ちて挟まったりします。

 

川の中州の林は水害で気が枯れやすく、中に虫が居ることが多いのでキツツキが良く飛んできます。

なんて話をしながら歩いてたら、普通に居ました。

野鳥

どの辺りに居るかというと・・・

アカゲラ

アップにしてみて、やっと分かりますね。アカゲラ。

 

行き止まり

川が大きく開けているところまで到着。

ここは、余程大雪が降らないと渡れません。

チャレンジしてみたのですが・・・私が渡った後、ヒデちゃんが渡る時に少し雪が崩れてしまったので諦めて撤退!

川の上を真っ直ぐ進むのは諦めて、登山道に移動します。

記念写真を

それでも、川の真上ならではの障害物無しの写真は撮れました。

みずならの老木

ミズナラの古木。

こんなに枯れてても、まだ生きている枝があります。

つつき跡

この木も、枯れている部分をキツツキが突っついて木片が散らばってます。

クマ棚

クマ棚。

たぬきのあしあと

スノーシューコースでは珍しい、タヌキさんの足跡。

ドライブイン

車で移動中はキッチリ見えていた谷川岳。

だいぶ雲が出てきました。

一ノ倉へ向かって急げ!

一ノ倉

間に合いました!

ここで折り返すことも多いのですが、今日は参加者一名で急ぎ足で来たので時間が余ってます。

 

というわけで、旧道に向かって上がって行くことに。

オコジョのあしあと。

途中、オコジョの足跡がありました。

一ノ倉沢

一ノ倉沢沿いに遡上中。

うさぎ足跡

兎の足跡。

兎さんは、楽そうに登ってますね!

 

到着!

到着!

まっちゃん

せっかくなので、私も撮影。

ランチ

写真を撮ったら、沢の正面は避けてお昼ご飯。

武能岳

帰り道。武能岳がかっこいいです。

 

2018年2月1日。

一ノ倉。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。


新着情報
近況報告 丹沢等(2018年2月23日)
草津へ行って来ました。(2018年2月21日)
関連サイト