Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 湯檜曽川沿い、マンサクが咲きました。

湯檜曽川沿い、マンサクが咲きました。

一ノ倉沢。

2019/03/10。

 

久しぶりの絶好のお天気です。

とは言え、午後から曇り予報。それでも週間予報では雨だったので、これだけのお天気に変わってくれて御の字です。

よっしー、ゆうちゃん

リピーターさん3名様と、初参加の3名様。ともに女性グループで華やかです。

 

スノーシューフィールド

斜面の上に一列に並んで・・・

降りてみた

下り斜面の練習。

経験者と初めての人と混ざってますが、皆さん転ばずに無事降りてきました。

 

湯檜曽川の真ん中

川の真ん中の絶景ポイントへ。

午後は雲ってしまうので、晴れてるうちに眺めの良い場所に来て見ました。

 

奥に見える日本海側の空はピーカンですが、私達の後ろからは雲がせまってきてます。

 

水なら

ミズナラの古木と並んで撮影。

ウサギの足あと。

ウサギの足あと。

上の方でテンの足あとと交差してました。

 

マツノキサワ

マツノキサワの雪崩跡。

今年は雪が少ないせいか、雪崩の跡が凄く小さいでした。

普段なら川を埋めて雪の橋になるのですが、半分も埋めてないですね。

谷川岳

マチガサワから見る、谷川岳。

画面左側から、雲がどんどん移動してきてます。

湯檜曽川

渡渉地点。

これくらいなら、足を濡らすことなく行けますね。

アバランチシュート

マチガサワの先に有る、雪崩地帯の真ん中の一番大きいやつです。

ここはしっかり、川が埋まるほどの雪崩が起きてます。

マツノキサワと違って、湿雪雪崩のブロックが届く範囲も歩けてしまうので、注意が必要です。

 

堅炭岩

一ノ倉沢出会いのちょっと手前のビューポイント。

堅炭岩から武能岳、蓬峠の辺りまでが綺麗に見えてます。

一ノ倉沢

一ノ倉沢に到着!

 

ご飯

ランチタイム中。

2グループのうち、アップで写ってるのが片方ばかりですが、もう片方のグループの1名様が、顔が分かる大きさの写真が恥ずかしいみたいなので、偏ってしまってます。

午後

食べ終わって折り返し。

ちょっと前までは後方の新潟側は青空だったのに、すっかり白くなりました。

お尻滑り

以外と、滑りませんでした。

恐がりの人にはこれくらいが丁度いいかも。

爪あと

極小サイズの爪あと。

恐らくモモンガか何か。

飛びついたような引っかき傷なら、まずモモンガだと思いますが、普通に登ったっぽい爪あとだとヤマネかもしれませんね。

 

クマの爪あと

こちらは大きな爪あと。

考えるまでもなく、クマです。

 

マンサクの花

帰り道、ふと気が付くとマンサクの花が咲いてました。

雪の中から、まず咲くからマンサク。

ゴール

ゴールです。

みなさん、ありがとうございました!

 

 

2019年3月10日。

一ノ倉沢コース。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。


新着情報
チャツボミゴケ研修(2019年3月13日)
八ヶ岳出張2日目(2019年3月10日)
関連サイト