Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 春の訪れの一ノ倉スノーシュー

春の訪れの一ノ倉スノーシュー

一ノ倉沢。

2019/03/12。

 

平日、これ以上は無いというくらいの一ノ倉沢コース日和に、お客さんのお申し込みが有りました。

年に何回も訪れない、超ラッキーな日です。

ぐみさん、あとさん

今回、新規のお申し込みのアトさん。

お1人寂しく開催かな~?と思っていたら、前日予約でスーパーリピーターのグミさんが混ざってくれました。

 

工事中

春の始まりですね~。

春から開始する河川の整備作業の為の雪かきが始まってました。

崩落跡

2日前に来た時は塞がっていた川の流れの箇所。

今日はパックリと割れ落ちてました。

 

人の身長よりも雪の壁が有るので、落ちたら恐いですよ!

芽鱗

春になると、雪の上に色々と落ちています。

春の訪れを示す、雪の落し物の一つである、芽鱗。

 

ヤナギの芽

春を待ちかねていたヤナギの花芽を包んでいた、芽鱗が剥がれて雪の上に沢山落ちています。

後は咲くのを待つのみ!

武能岳

ここだけ切り取ると、スイスに来てるみたい。

湯檜曽川の上

裾野に豊かな落葉樹林帯が広がっていなければ、まさにスイスですね。

 

ユキクロカワゲラ

ブナの幹に、ユキクロカワゲラ。

樹の解説をしようと、指でトンっと幹をつついたら羽を広げて逃げていきました。

ホウノミ

見本のような、綺麗に残っているホウの実。

雪の中で保存状態が良かったのが雪解けで出てきたのでしょうね。

 

ミズナラのマザーツリー

ミズナラの老木(これでも生きています)と一緒に撮影。

中は空洞になっているので、年輪が無い為に実年齢は測れませんが、相当な古木。

土化

その古木のウロからは、黒いものが溢れだしています。

土

老木の中の朽ちた部分が菌類に分解されて土となったものです。

森の再生のサイクルですね。

土を汚い、とか思わずに喜んで手に取る二人。

 

カモシカのヒヅメの跡。

カモシカの足あと。

 

雪崩の跡

定番の雪崩ポイント。

スノーシューで横切った跡があります。

いつか事故が起きなければ良いですが。

巣穴

木の幹に複数の穴が空いて、恐らく中で繋がっています。

小動物か野鳥が巣に使っていたのでしょう。

マツノキサワ

マツノキ沢の雪崩跡。

例年、川が埋まるのですが今年は埋まりませんでした。

雪が多い年だと、川底の石がこちらの岸に乗り上げるほどの雪崩も起きるのですが、今年はその形跡無し。

雪不足ですね~。

 

谷川岳

谷川岳。

山頂から雲がたなびいてます。

 

フキノトウ

フキノトウ発見!

積雪調査

川の上でパックリ割れてる箇所があったので、積雪深を見てみましょう。

調査中

とりあえず降りてみて・・・

2m越え

ゆうに2mは超えてますね。

私がサっと行ってサっと戻ってきたら「早い!」って言われましたが、ガイドですからこれくらいはやりますよ!

渡渉

マチガサワの渡渉を終えました。

日に日に水量が増していきますね。

厳冬期よりも靴の防水性が重要になります。

 

一ノ倉

一ノ倉の前で、スノーシューポーズ。

お昼ごはん

お食事を摂って、折り返し。

樹の穴

樹の穴をなんとなくのぞいてみる。

リスの食痕

こちらはリスっぽい生き物の食事のあとですね。

穴の中に、ドングリの殻がいっぱい落ちてました。

ミズキの枝

ミズキの枝が落ちてました。

これは去年の秋のクマさんの食事の跡かな。

 

葉が付いてる→折れたのは冬になる前。

2m近い積雪の雪の上に落ちてる→落ちたのは冬になってから。

以上のことから

折れたのは秋だが、落ちずに長期間木の上に留まっていた→熊棚の可能性が高い。

という判断です。

サルオガセ

超ミニサイズのサルオガセ。

積雪量は多いですが、標高は低く気温も高い地域なのでのであまり成長しないのかな。

 

ゴール

ゴールです。

お1人参加の女性二人、すっかり打ち解けて仲良くなってました。

 

一ノ倉沢コース。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。