Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 11年ぶりのお客様でした

11年ぶりのお客様でした

一ノ倉沢。

2019/03/19。

 

11年ぶりのリピーターさんが再びお申し込みしてくれました。

私が個人ガイドとして独立した最初の年のお客さんでした。

イトウ夫妻

遠方からのお客様なので、宿泊しないと遊びに来れないのですが、みなかみ町に宿を取ってのご参加です。

11年前、私のところで初めてガイドツアーというものに参加して「ガイドさんと歩くとこんなに楽しいんだ」と感じて、その後は様々な地域のガイドツアーに参加するようになったそうです。

話を聞くだけでも、10年の間に色んな地域に行ったみたいですね!

そして、今回はまた水上町に来てくれました。

スノーブリッジ

スタート地点の河川工事が始まった為、川の中州に渡る部分が歩けなくなってました。

他の場所で、渡れるスノーブリッジ(雪の橋)を探して渡ってみる。

 

青空

青空に、うっすらと白い雲。

湯檜曽川の中洲

広々とした川の中州に出れば、障害物無しで山の景色を堪能できます。

ホウの実

ホウノキの実。

雪の縞模様

新雪が降って純白になった林床に、晴天の太陽が樹木の影を落としています。

縞模様が綺麗ですね。

谷川岳ー

マチガサワから谷川岳。

ヤシャブシ。

ヤシャブシの実。

マツボックリみたいのが傘で、上に落ちてる薄い破片みたいのが種子です。

湯檜曽川沿いに多いヒメヤシャブシですね。

武能岳

川の流れもだいぶ多くなってきました。

エノキタケ?

雪解けの中からキノコが出てきました。

私はキノコはあまり詳しくないのですが・・・エノキタケで良いのだろうか。

 

雪崩跡

雪崩6兄弟の中の、一番大きい箇所。

 

一ノ倉岳

一ノ倉岳に到着。

記念撮影

到着の記念撮影。

食事

お昼を食べて折り返しです。

ユキカワゲラ

ユキカワゲラ。

今日も、研究採取してる人が来ていました。

ガイドよりも来ています。

 

サワグルミ

サワグルミの実が落ちてました。

樹洞

樹の洞を覗いてみると…、

 

どんぐりの殻

どんぐりの殻。

こうやって、綺麗に皮を剥くのはリスの仕業かな?

ミズキの枝

ミズキの枝が落ちてました。

隣に生えているミズキの木の上に熊棚が出来ていたので、そこから落ちてきたものかな。

爪あと

小さな小さな爪あと。

ユキクロカワゲラ

ユキクロカワゲラ。

羽が有る大型の方ですね。

こちらは木の幹に良く留まっています。

羽が保護色っぽくなってる気がします。

岩がらみ

イワガラミのドライフラワー。

枝ごと雪で折れて落ちてました。

 

ツルアジサイ

こちらはツルアジサイ。

 

ミズメ

鳥の模型のような細かいものが並んで落ちてました。

ミズメの樹の、種子を挟んでいた果鱗です。

ゴール

イトウさんご夫妻、ありがとうございました。

また各地のエコツアーを巡ったら、ローテーションでここに来てください!

 

一ノ倉沢コース。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。