Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 晴天続きの一ノ倉です。

晴天続きの一ノ倉です。

一ノ倉沢。

2019/03/20。

 

平日に好天気が続き、お客様のお申し込みが続き、連日の一ノ倉コースです。

西黒沢

お一人参加のお客様が二人集まりました。

平日だと、マンツーマンでひっそりとガイドすることも多いですが、2人になるだけで賑やかですね。

ユビソヤナギ

ユビソヤナギの冬芽と青空。

馬蹄形

新潟と群馬を分ける谷川連峰の山脈を背景に撮影。

ヒロカワさん、この山脈の向こう側の新潟県からのご参加です。

 

ミズナラの古木。

川の中州歩きから、登山道に戻って移動。

10年以上前は、川の上でもっと先まで行けたんですけどね。

雪崩跡

マツノキサワの雪崩跡。

谷川岳

谷川岳をバックに。

ビューポイント

雪解けで増水してる川と雪山。

ヤナギの花芽

ヤナギの花芽。

10年ちょっと前に、雪崩れで森が消えてユビソヤナギの若木が並んでるポイントです。

雪崩ポイント

その、森を吹き飛ばした張本人の雪崩ポイント。

一ノ倉出会い

目的地、一ノ倉沢が近づいてきました。

後方に広がる、谷川岳馬蹄形稜線が美しいですね。

 

一ノ倉岩壁

岩壁に到着!

 

衝立岩

衝立岩の辺りをアップで見てみると・・・周囲の雪面が雪崩落ちてますね。

そんな話をしていたら「ガラガラガラー!」と大きな音が・・・。

咄嗟に目をやると、一ノ倉岩壁の一部で雪や石が落ちているのが見えました。

この距離から認識できるくらいだから、相当な大きさだと思います。

ランチ

お食事中。

 

ゼニイレ沢

折り返しながら、一ノ倉沢の向かいにあるゼニイイレ沢を眺める。

ヒメヤシャブシ

ヒメヤシャブシの実。

種子が一個だけ左に落ちてるのが分かりますでしょうか。

 

トチの樹の森

大きなトチノキが生えている森。

動物の足あと

斜面に動物の足あとが二種類。

古い足あとで状態がよく残ってませんが、跡を追って確認したらテンとカモシカでした。

 

ネジ巻きブナ

ネジの様に巻かれてるブナ。

ツル

ツルに巻かれて変形した後に、普通ならツルに巻き枯らされてしまうのですが・・・

逆にツルを挟み込んで絞め殺して勝利したんですね、これ。

リスの貯食

リスが食べ物を貯めている穴を覗いてみたら…

中身が入っているブナの殻が有りました。

左上に、中身入りが有るのが見えます。

ウサギの糞

兎さんのフン。

フキノトウ

岩盤から水が染み出している雪崩ポイント。

もう雪が全部落ちたので安心ですが、雪解けの中から小さなフキノトウが顔を出してました。

ゴール

お二人とも、今日はご参加ありがとうございました!

 

 

一ノ倉沢コース。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。