Top > ツアーレポート > 一ノ倉コース > 3月14日。晴れと雪の一ノ倉

3月14日。晴れと雪の一ノ倉

久しぶりに一ノ倉。

2015年3月14日 土曜日。

 

今シーズン、一ノ倉ツアーは今日が初日です。

下見や、他のガイドのヘルプでは何度か来てますが、ハッピースノーシューとしてのツアーは今シーズンで今日が初。

谷川岳

谷川岳も見えて、今日は一ノ倉日和。

一ノ倉は、雪が大量に降ってる最中や、降った後のしばらくは来ないようにしています。

雪崩の危険が多い場所だからです。

 

また、天気が悪くて岩壁が見えないような日には来ません。

岩壁を見る以外の楽しみかたなら、他のコースの方が適してるからです。

 

風が強い日なんかもあまり来ないようにしています。

谷筋のコースなので風が他よりも強く、風を避けるようなルートどりもできないからです。

 

というわけで、3月になって降雪量が落ち、晴天率も高くなってからでないと、このコースに来ることはあまりありません。

一ノ倉スノーシュー

久しぶりの一ノ倉。

マウさん、としさんのお二人!

 

下り坂

今年は積雪量が多いので、いきなり川原の方へ下っていくことができました。

マイスノーシュー持参のマウさん。歯が少ない平地用なので、固めの雪で下り斜面にちょっと苦労してます。

レンタルスノーシュー(MSR)のとしさんは余裕の下り。

湯檜曽川

夜間に降った新雪で、雪原が綺麗にコーティングされてます。

 

武能岳

今日は前半は、あまりゆっくりしないで歩いてます。

午後からガスが広がって雪も降る予想なので、景色が見える内に一ノ倉沢に到着するためです。

 

マチガサワまで到着。

谷川岳

マチガサワから望む谷川岳山頂。

トマノミミは見えてますが、オキノミミは山頂部だけ雲の中。

「雲の切れ間が来るのを待って両方見たい」と声が上がりますが・・・

「あの雲はオキノミミに風が当たってそこから発生してるので、切れることは無いんです・・・・」と説明。

上空に雲の切れ間が来て青空が広がっても、オキノミミの所だけ霧が巻いてる状態。

「ここで時間を使っちゃうと、肝心の一ノ倉も雲に隠れちゃいますよ~」と出発。

ゼニイレサワ

ゼニイレサワ。

一ノ倉沢までもうちょっと。

 

一ノ倉岩壁

一ノ倉の岩壁の前までやってきました。

 

記念に岩壁で

雲で隠れる前に写真。

ごはん

ご飯を食べ終わる頃、北の方から雪が少しずつ吹いてきて・・・

ガス

ガスに覆われる白毛門(ほんとの山頂は、見えてるところの少し奥です)。

比較的青空が残ってる辺りを写したのですが、それでもこんな調子。

一ノ倉は雲と雪で真っ白になってました。

移動中

上流側から追いかけてくる雪に背を向けて、下流方向へ戻る。

降っているのは上越国境の稜線を中心としてなので、谷川連峰の出口に向かえば雪がどんどん弱くなります。

kamosikaのあしあと

カモシカの足跡。

朝は無かったので、私達が一ノ倉に行ってる間に往復したみたいです。

スノーシューの差

またも下り坂。

スノーシューの裏側の歯の数の差で、微妙に苦労してるマウさん。

マンサクの花

雪の中で咲くマンサクの花を発見!

ゴールです

マウさん、としさん、お疲れ様でした!

それぞれお一人参加で別グループだというのに、息のあったポージング!

今日はお二人にデザートやお菓子をいっぱいわけてもらいました。ありがとうございます!!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

一ノ倉コース

群馬県みなかみ町のハッピースノーシュー!ツアー日記コーナーの一ノ倉コースの一覧です。


新着情報
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
一ノ倉コースの木の実(2018年10月19日)
関連サイト