Top > ツアーレポート > 大幽コース > 平日貸し切りで大幽へ

平日貸し切りで大幽へ

大幽洞窟から見る谷川岳。

2019/02/15。

 

平日ですが、リピーターのタカダさんが大幽洞窟コースのリクエストでお申し込みしてくれました。

たかださん

マイスノーシューでのご参加。

山が好きで各地で冬でも自分で歩いてるそうなので、他所のエリアのお話とか聞けてこちらも参考になります。

キツネの足跡

スタート地点にキツネの足跡。

カラマツの種子

雪の上の小さな落し物。

カラマツの種子です。

指差しているのは、完成品。

左に落ちてる破片は、誰かに食べられてしまった残りです。

リスやモモンガのような哺乳類かな。

 

谷川岳ビュー

スタートしてすぐに、振り返ると谷川岳がちょっと見えます。

まだ標高が低いので手前の低山がちょっと邪魔です。

谷川岳2

谷川岳をバックに撮影。

ちょっとガスがかかってしまいました。

 

テンの足跡

テンの足跡。

 

サワグルミ

サワグルミの実を食べて羽だけ残った物が沢山落ちてました。

この食べ方は野鳥ですね。

 

サワグルミの実

こちらは、実を食べられる前のサワグルミ。

ととろの木

洞窟手前にある古木。

谷川岳その3

洞窟に上がる急斜面は、谷川岳が見えるスポットです。

どうしても木が邪魔になりますけど、それなりに見えます。

山頂の辺りにまだガスがかかっていて、一ノ倉がはっきり見えてます。

 

稜線トレイルに沿って、草津白根や四阿山も見えるのですが、雲でぼやけてしまって写真になかなか写りませんでした。

氷筍

氷筍。

大きいものでは1メートル以上あるのですが、写真ではなかなか伝わりません。

 

谷川岳その4

谷川岳の双耳峰と、一ノ倉岳にかけてスッキリ見えるスポットを発見!

何故今日はここまで谷川岳のビュースポットに拘るかと言うと・・・

今日のお客さんは、冬の谷川岳や武尊山も自分で登っているくらい山が好きなので、谷川岳の風景に拘ってみました。

 

単独行で雪山に登るような人が、スノーシューのハイキングのガイドを頼んでいただくなんて、嬉しい限りです。

「たまには熟知したガイドの人と歩くのも良いものですね」とお言葉をいただきました。

熊の爪跡

ブナに幹にクマの爪あと。

 

谷川岳その5

通りがかりに、谷川岳のビュースポットを更に探します。

 

スノーシューダウンヒル

日が当たってない、パウダー斜面に移動。

雪がサラサラだと楽しいです。

ポーズ

余裕のポーズ。

ウサギのあしあと

兎の足跡。

カモシカヒヅメ

カモシカの足跡。

ヒヅメがはっきり分かります。

谷川連峰

ゴール間近になって、もう一度谷川岳のビュースポットへ。

薄い雲が張ってしまって、ちょっとボヤケテます。

巻機

巻機山も見えてるのですが…ちょっと分かりづらいです。

巻機アップ

巻機のアップ。

中央の白く光ってる山です。

スノーシューウォーク

雪原をウォーキング。

谷川連峰ラスト

最後のビュースポットで谷川岳の雲が晴れて、綺麗に見れました。

俎嵓からオジカ沢の頭、オキトマ双耳峰、一ノ倉とバッチリですね。

かーぶみらー

お疲れさまでした!

また来てください!

 

2019年2月15.日。

大幽洞窟コース。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

大幽コース

群馬県みなかみ温泉の奥地、宝台樹地区からのアクセス、大幽洞窟コースのスノーシューツアーレポート。ハッピースノーシュー