Top > ツアーレポート > 尾瀬スノーシュー > 5月6日、GW最終日のスノーシュー

5月6日、GW最終日のスノーシュー

5月6日、ゴールデンウィークの最終日!

今日は午後から小雨予報。

早めに戻ってくるプランでオヤマ沢田代か小至仏へ。

至仏山登山口

フジモト夫妻とスーさんと一緒にスタート!

 

 

至仏山を望む

至仏山を目指します!

朝のうちは晴れていますが、お昼近くには雲に包まれる予定。

 


カモシカのあしあと

登山ルートを歩いていくと・・・

シカの親子の足跡。

たぶんニホンカモシカです。

 

ゴールデンウィーク中は人手が多い至仏山側で見かけることはほとんど無かったんですが、昨日今日とお天気も悪く人の気配が少ないためでしょうか。

 

 


ヒガラ

ヒガラ。

小さくてかわいいですね。


至仏標識

鳩待、至仏間の道標。

ゴールデンウィークのツアー初日はこれのてっぺんが見えるか見えないかだったんですが、ずいぶん雪解けが進んだものです。

 

燧ケ岳

振り返ると燧ケ岳は雲をかぶっています。

 

尾瀬ヶ原

周囲の山々を雲に包まれた尾瀬ヶ原。

 

 

小至仏、至仏山

至仏山の山頂付近もだいぶ空が白くなってきました。

 

オオシラビソの中

さあ、小至仏を目指しましょう!

 

小至仏間近

標高2000メートルを越えて、小至仏の手前折り返し地点ももうすぐ!

 

谷川連峰

西側、雲の中に谷川連峰のパノラマが広がっています。

 

折り返し地点

折り返し地点に到着!

雲の中です。

 

 

記念写真

尾瀬ヶ原が見えるはずの方向、雲の中で記念写真。

 

イワヒバリ

こんな雲の中で小鳥。

シルエットしか見えないけどたぶんイワヒバリでしょう。

 

尻滑り

帰り道はお尻滑りも併用してスピーディに。

 

鳩待峠

鳩待峠もまだ辛うじて見えてます。

 

トラバース

少し高度を下げたら雲がだいぶ薄くなりました。

でも今から上がっていく人が結構いたのにびっくり。

 

くもに包まれた尾瀬ヶ原

モヤが立ち込める尾瀬ヶ原。

 

ランチタイム

鳩待峠まであと1kmのところ。

霧のような水滴が舞っているので、オオシラビソの木陰でお食事。

 

鳩待まであと1キロ

ランチタイムも食べ終わって、鳩待峠まであと少し!

 

ブナの森

鳩待峠が近づくとブナ林。

この辺も霧が濃くなってきました。

 

鳩待到着

鳩待峠到着!

みなさんお疲れさまでした!

このペースならお天気さえ良ければ至仏山まで歩けますね。

来年は上級コースで至仏山を目指しましょう!

 

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

尾瀬スノーシュー

ハッピースノーシュー(群馬県みなかみ温泉)のツアーレポート。ゴールデンウィークのアヤメ平など尾瀬でのスノーシューツアーレポートです。


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト