Top > ツアーレポート > 尾瀬スノーシュー > 5/4。めまぐるしいお天気でした

5/4。めまぐるしいお天気でした

穏やかな気候の至仏でした!

2015年5月4日 月曜日 曇り/晴れ/雨/曇り。


大型連休のど真ん中の4日です。

お客さんも定員いっぱいまで入っていただきましたが、私としては今日が一番お天気が心配な日です。

GW4日

雲の多い空。

群馬県消防の防災ヘリ「はるな」が大急ぎな感じの低空飛行で尾瀬ヶ原の奥の方を目指してました。

救急車と消防車のサイレンも鳴り響いてましたし、何かあったのでしょうか。

 

写真ポイント

今日はこれだけ参加者が居るけど皆新規のお客様でした。

ハヤサキさん、ユリさん。トウキさん、ミナコさん。アオトさん、クミさん。タカハシさん、アヤベさん。

日光白根山

歩き出しからほどなくして、雲に隠れていた日光白根が見えました。

でも雲が隠れたり出たりです。

この後は晴天域に入るので青空が出てくるとは思いますが、今日はなんとなく不安定な感じ。

至仏と雲

朝からずっと隠れていた至仏の山頂、やっと雲が切れ始めました。

 

眺望

尾瀬ヶ原はずっと見えていたのですが、燧ケ岳には朝方は雲がかかっていました。

眺望ポイントに着く頃には雲もどいてくれてすっきり!

 

晴れ曇り

稜線に上がる頃には雲より晴れ間の方が多くなってきました。

ここでいったん休憩することも多いのですが、ここは急いで次の眺望ポイントへ。

谷川連峰と雲

西側の谷川連峰の眺望ポイントです。

谷川のさらに向こうには怪しい雲が広がってますが、逆にこの雲が荘厳な雰囲気をかもし出してます。

あの雲は西から移動してきているので、谷川連峰を再度隠してしまいかねません。だからちょっぴり急いでここに来て見ました。

 

小至仏山と雲

小至仏に沸き立つ雲。

 

山頂へと

ちょっと急ぎめで山頂へ到着。

上越側

上越側の山脈も眺望は大丈夫でした。

平ヶ岳、越後三山と見えるべき山は全部見えてるのでよかったです。

この時には既に谷川連峰は雲に隠れ始めていました。

今日はぎりぎりのタイミングで、良い感じにことが進んでます。

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原を眺めながらお昼ご飯。

「雲が出始めたら、尾瀬ヶ原が隠れる前に写真撮り終わるようにしましょうね」などと言いながらご飯を食べていると・・・

山頂の雲が怪しくなってきたので、みんな慌てて尾瀬ヶ原撮影。

この後、山頂は雲に包まれて最初は小さな氷の粒でしたが、次第にポツポツ雨へ。

さらに少し大粒雨に変わったので合羽を装着。

雨の至仏

小雨とは言え、雪の上での雨というのは体力的にも気分的にも嫌なものですが、みんな楽しそう。

「雨だけど凄い楽しいです」と参加者の人が言ってくれたのが嬉しかったです。

芽吹き

鳩待の近くまで来ると、一本だけもう葉を広げ初めてしまった木が。

葉が広がりきってないので判別しづらいですが、マユミかな。

今夜は山頂では雪が降るというのに大丈夫でしょうか。

GWはずっと夏日が続いていたのでうっかり葉を広げてしまったのでしょうか。

 

残雪期至仏のスノーシューの折り返しも終わり、残るはあと2日!頑張ります。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

尾瀬スノーシュー

ハッピースノーシュー(群馬県みなかみ温泉)のツアーレポート。ゴールデンウィークのアヤメ平など尾瀬でのスノーシューツアーレポートです。


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト