Top > ツアーレポート > 尾瀬スノーシュー > 稀に見る登山日和でした

稀に見る登山日和でした

超登山日和の至仏。

2019/04/23。

 

2019年の至仏雪山ガイドの二日目。

至仏山スタート

ハッピースノーシューのツアー初参加のメグさんです。

この後の数日内では今日、23日が一番お勧めですよ、ということで来てもらいましたが朝からどんよりお天気。

 

当然のように、この後に晴れてくる筈なので気落ちせずにスタート。

カモシカの足跡

ニホンカモシカの真新しい足跡。

平日で人が少ない分、動物もたくさん歩いてますね。

 

ダケカンバ

歩き出してしばらくすると、雲の隙間から青空が見えてきました。

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原が見えるビューポイントまで来る頃には、すっかり視界が開けました。

尾瀬ヶ原と感動のご対面。

 

至仏小至仏

雲で見え隠れしていた、山頂の稜線もくっきり。

青空

森林限界に到着するころには、空が真っ青です。

北方向から、だんだんと雲が晴れていきます。

雲海の日光白根。

振り返れば、日光白根山が雲海の中から顔を出しています。

 

オヤマザワ田代

オヤマザワ田代。

たなびく薄雲がきれいですね。

 

小至仏

小至仏に登る人達。

 

谷川連峰

西側を見ると、雲海の中から谷川岳と苗場山、妙高火打。

「雲海を見る運が無い」と自称するメグさんですが、見事な雲海が見れました。

浅間山

浅間山も雲海から顔を出しています。

雲の海の中からクジラが顔を出してるみたいに見えますね。

 

小至仏トラバース

小至仏のトラバースルート。

 

トラバース中

ちょっと避けて、写真を撮ったり眺めたりしつつ後ろのスキーのグループに先に行ってもらいます。

このトラバース道は、スキーの人達が中心になって作ってくれます。

 

上州武尊

振り返ると、後方には小至仏と尾瀬笠ヶ岳に挟まれた真ん中に武尊山。

至仏山頂

山頂に到着!

ごはんタイム

ゆっくり休憩と食事。

風

越後駒ケ岳と平ヶ岳を背景に撮影。

Tシャツで登るほど暑かったのに、山頂だけ冷たい風が吹いてフリースとジャケットを重ね着するくらいに冷えます。

 

こんなに気温が上がる快晴の日なのに、ろくに汗もかかずに登れたのはこの冷たい風のおかげです。

逆に言えば、暖かいだろうと思って防寒装備を持ってこないと痛い目にあうケースも。

尾瀬写真

尾瀬ヶ原、会津駒ケ岳、燧ケ岳をバックに写真を撮って下山開始。

小至仏ルート

至仏を見ると、これから登る人と下山の人とが行きかっています。

 

下山中

ここまで降りてくると、またTシャツで良いくらいに暑くなります。

 

鳩待峠に下山

下山はあっという間でした。

暑いので「花豆アイス食べたい~」と言いながらの下山でしたが、ゴールデンウィーク突入するまではソフトクリームの販売が始まりません。

帰りの道の駅で食べるのがおすすめです。

 

4月23日、尾瀬至仏山。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

尾瀬スノーシュー

ハッピースノーシュー(群馬県みなかみ温泉)のツアーレポート。ゴールデンウィークのアヤメ平など尾瀬でのスノーシューツアーレポートです。