Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > 1/16、深雪新雪玉原コース!

1/16、深雪新雪玉原コース!

新雪玉原コース!

2013年1月16日

 

今日は、平日に特別に玉原コース。

快晴

スキーパーク駐車場から、浅間山を撮影。

快晴過ぎて、デジカメの液晶が良く見えなくて、だいぶずれてます。

 

ブナ林

玉原の美しいブナ林。

このブナ林を見たいという、ニシダさんのリクエストで、この時期はあまり来ない玉原へ。


オオヤマザクラ

写真が趣味というニシダさん、撮影をする為に玉原のブナ林を知ろうということで今回お申し込み!

 

木陰

昨日まで降っていた新雪は白く、その上に木々の陰が落ちています。

ニシダさんに、こういうのが綺麗に撮れるんですよと教わって、撮影してみました。

 

ぬけがら

これ、何を撮影したか分かりますか?_?

よく分かりませんよね!

私がこういう撮影をしたら、ニシダさんに「低い位置の横から撮ってみて」とアドバイスを受けて・・・

セミのぬけがら

エゾハルゼミの抜け殻でした。

去年の春の抜け殻が、冬の吹雪にも巻けずにまだくっついてたんですね。

ちなみに、ニシダさんの撮った画像は、セミの足がくっきりと伸びていて抜け殻が浮いて見えてました。


ツリーホール

木の根元をテンが通り過ぎた足跡。

アップでよく見ると・・・


テンの足跡

木の根元で、一度向きを変えて中を覗き込んでます。

兎とかが居ないか探してるんですね。

 

ブナの根元

ここでは、テンがしっかり穴を掘って居ます。

ここは下にニホンミツバチの巣があるところ。

真冬でも時々ミツバチが飛び出して、雪の上に落ちたりしてます。

そういうのを狙って探してたのかもしれませんね。

 

ランチタイム

ちょっと遅めにランチタイム。

 

玉原湿原

広々とした湿原に到着!

 

感動!

湿原と、その奥には広大なブナ平。

絶景ですねー。

 

鳥居

普段はシーズンの終わり頃に来るので、積雪がもっとあるんですが、

今日は鳥居よりも人の頭の方が低いですね。

 

ちなみに今回、特別にここに来ましたが・・・

普段は何故この時期は玉原に来ないかというと・・・

トレース

ここは積雪が多いので、ラッセルが大変なんです!

この深さでも粉雪ならなんとかなるんですが、今日はミシリ、と徐々に沈んでいく重たい雪質。

普段の二倍近く時間がかかりました。

剣が峰

剣が峰山。

帰りは、眺めがいいルートで。

 

ゴール!!

ゴール!!

重いカメラを背負って、お疲れ様でした!

*ニシダさん、今日はガイドの私より重いザックを背負ってたみたいです。

この雪質で頑張りましたね!脱帽です!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。