Top > ツアーレポート > 玉原湿原コース > ブリーダーさん貸切でした

ブリーダーさん貸切でした

愛犬と一緒に。

2019/02/03。

 

リピーターさんが、ブリーダー仲間を連れて遊びに来てくれました。

半日コースで貸し切りにして、愛犬たっぷり遊ばせプランです。

ボーダーコリー

ボーダーコリーのお仲間さん達みたいです。

犬用靴下

ゴム製のシューズ?靴下?みたいのを履かせます。

肉球のアカギレ予防とか、後は雪球が毛に絡むと、毛が引っ張られて痛くなるらしいので

そういう予防もあるみたいです。

キツネ足跡

キツネの足跡発見。

犬みたいに、木の周りでぐるぐる回ってます。

 

キツネの足跡2

キツネの足跡の先に何か居た!!

と思ったら、横から回り込んで先行していたワンチャンでした。

ネズミのあしあと

ネズミの足跡。

しっぽの痕が付いていません。

頭が固い人だと「しっぽの跡が付いてないから違う!」って言いそうですが・・・

少しトラッキング(追いかけ)して観察すると・・・・

ねずみの足跡2

数箇所だけ尻尾の跡がありました。

雪の表面が硬いときは、ネズミの軽い尻尾で擦っても跡なんて殆ど付きません。

この場合、雪が少し柔らかいところで確認ができました。

テンの足跡

また違う動物の足跡。

テンの足跡ですね。

これも図鑑とかに載ってるテンの足跡とはあまり似てませんが・・・

テンの足跡

ちょっと足跡を追いかければ、途中からはテン特有の足跡になったりします。

ぼーだーこりー

寒さに強い犬種だけあって、雪の中での動きが活発です。

 

駆けっこをしてみました。

 

熊棚

熊棚を発見。

 

ラッセル

新雪が浅くて歩き易い日でした、場所によっては結構埋まります。

ランチ

半日コースだけどランチタイム。

スノーシューって、ほんとに半日だけで遊ぶと、凄く物足りない短時間になります。

なので半日コースでもお昼を食べて、ほとんど一日コースと変わらない内容だったりしちゃいます。

 

フリスビー

フリスビーで遊ぶエルフとナナ。

 

まっちゃんと犬

私も、ちょっと犬と一緒の写真を撮ってもらいました。

 

puller

プラーと言う、引っ張りっこをする玩具で。

ひっぱりっこ

ジェイク君は、一度これを咥えると離さず、引っ張りっこをしたがるので、かなり疲れました(笑。

赤と黄色。

 

カゲ

ちょっとシャイなカゲ。

 

とうれつ

ブナの凍裂。

こういうのを見ながら、解説だけして写真を撮り忘れてしまう私ですが・・・

今回はブリーダーさんグループなので、みんな各自で写真をいっぱい撮って送ってもらったので助かります。

ゴール

ゴール目前。

スノーシューをすると、最後はワンちゃん達が疲れてることが多いのですが・・・

活発な犬種だけあって、概ね人間の方が先に疲れてました。

 

2019年2月3日。

玉原半日コース。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

玉原湿原コース

ハッピースノーシューのツアーレポート。玉原湿原コース(たんばら高原)のスノーシュー日記一覧表です。