Top > ツアーレポート > 谷川岳登頂コース > 5月8日、谷川岳

5月8日、谷川岳

初春の花と谷川岳。

2014年5月8日。

 

募集期間外だったのですが、リピーターの山田さんに相談を受けて谷川岳へ。

*私が予定が空いていて、暇ならば相談してもらえればこうやってお受けできます。

天神ロープウェー

ロープウェーに乗ると、眼下の斜面にアズマシャクナゲとニオイコブシ。

春ですね~。

天神平

天神のマスコットが完成してました。

 

登山者用リフト

スキー場のリフトが登山者用に低く設置。

板を履いていない人でも使えるようになってました。

カタクリ

リフトの除雪したところにカタクリの花。

天神のサイトで開花情報があったので、楽しみにしてたら沢山咲いてました。

 

ヤマダさん

今週の平日は今日しかない、というくらいの晴れ間で撮影日和。

リフトを降りて早速撮影会。

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ。

 

イワうちわ

イワウチワ。

登山道沿いは早春の花達が咲いてます。

 

トラバース

しかし、当然残雪が残る箇所も。

ここはまだ良いですが、この時期の方が滑落事故が増える箇所もあります。

 

残雪の道

岩と残雪のミックス。

踏み抜きに注意です。

 

肩ノ斜面

天狗の留まり場を過ぎて、一面雪になったのでアイゼン装着。

ザラメなので、アイス用というわけではなくて足がズルズルいくのを防ぐ為です。

アイゼンつけてても、ザラメが滑って時間がかかります。

トマノミミ

トマノミミ山頂にて。

「夏用の帽子しか持って来なくて失敗した!」と言ってたヤマダさん。

山頂近辺では冬用のニットの出番になりました。写真では分からない程度の風でも、耳が痛くなります。

この時期は両方の中間くらいの薄さのキャップが便利でいいですよ。かさばってもいいなら両方。

下山

下山。

スキーをやっている人だと下りで腰も引けないし、足元のザラメがずれてもバランスを取れるからいいですね。

天狗の留まり場から、登りでは50分かかったところが、くだりは10分ちょっとでした。

谷川岳ガイドツアー

ヤマダさん、お疲れ様でした!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

谷川岳登頂コース

スノーシュー登山、谷川岳山頂。天神尾根からの4月残雪期ツアーです。ガイドツアー水上ハッピー


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト