Top > ツアーレポート > 谷川岳登頂コース > 3月28日、谷川岳

3月28日、谷川岳

リピーター・デイ。

2016/3/28 月曜日。

 

平日はお一人様で開催することも多い谷川岳ツアーですが、たまたまリピーターさんが集まって3名様でスタート。

谷川岳ツアーガイド

今回はお一人参加のタカナシさんと、ナミキさんハマダさんのお二人と。

どちらも、今シーズン初参加でスノーシューに来てくれて、今シーズン三回目のリピートで谷川岳にチャレンジ!

天神平スキー場

まず最初はスキー場脇を上がって尾根筋へ。

夏道とは違うこのルート、最初のこの登りが一番きついです。

 

快晴の谷川岳

快晴の谷川岳!をバックに撮影。

みんな暑くて上着を脱いでます。

谷川岳へ

僅かに雲が浮かんでるだけで快晴なんですが、実は快晴なのは谷川岳だったりします。

雪洞

一昨日、雪洞を作ってたグループが居たので、確認して見たら立派な雪洞を発見。

三人分

三人分の寝泊りできる広さ。

 

武尊の雲

谷川岳は快晴ですが、東側のお隣の山、至仏と武尊上空は常に雲がかかってます。

 

留場前

でも谷川岳に近づくにつれて雲が薄くなり、

谷川上空

谷川上空はこの晴れ間。

 

西川

西側は常に雲がかかっていて、苗場から浅間にかけて殆ど見えず。

南側

南側、赤城山がうっすら見えるかどうか程度で、濃い雲がかかってます。

今日は南に行けば行くほど悪くなり、雷が鳴るほどですから、南の方の眺望が悪いのは仕方ないですね。

 

北側

山頂まで行くと谷川岳の北側も見えますが、やはり天気悪し。

寒冷前線が運良く北に逸れてくれたので、北側は悪い天気(寒冷前線なので雪)なので当然です。

トマノミミにて

東西南北、どっちを向いてもお天気が悪い中、谷川岳だけがぽっかりと晴天な一日です。

南北の天気が悪い要素に挟まれて、その隙間の晴れ間なので、ともすると山頂がガスに包まれたりすることもあります。

下山開始

「ガスに包まれる前に下りますよ~」とちょっと急ぎ足で下山開始。

天神ザンゲ岩

天神ザンゲ岩。

雪

北方から雪が吹いてきて、あっというまに山頂が白く包まれました。

カメラのレンズにも雪が付いてしまって、この後の写真がしばらくちゃんと写ってません。

谷川岳スノーシューツアー

少し吹雪が弱まってきました。

北の方で降っている雪が、風でこっちに流れてきている感じですね。

恐らく、吹雪が届くのは山頂近辺だけでスキー場は一日晴れ間だった筈。

下山完了

山頂付近が吹雪いたのは小一時間ほどでしたが、晴天からガス、吹雪と全部味わえた一日でした。

 

2016年3月28日。

谷川岳ガイド。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

谷川岳登頂コース

スノーシュー登山、谷川岳山頂。天神尾根からの4月残雪期ツアーです。ガイドツアー水上ハッピー


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト