Top > ツアーレポート > 谷川岳登頂コース > 4/18、谷川岳天神尾根

4/18、谷川岳天神尾根

リピーターさんと貸切でした。

2015年4月18日 土曜日 曇り晴れ。


平日にずっと悪い天気が続いてましたが、珍しく週末にいい天気が巡って来ました。

天神平

登山者でいっぱい。


しまださん

リピーターのシマダさんとマンツーマンで。

他にも申し込みのグループがあったのですが、都合が悪くキャンセルになってしまいました。

本来の催行人数は2名さまからですが、中止にするのも何なので開催!

 

熊穴沢の頭の岩手前

登山ルートの9割以上は残雪です。

写真の向こう、岩場などは露出しているのでそういう場所は土で黒ずんでいます。

 

トラバース中

登山天気予報では少し風が強めに出てましたが、なんのことは無い普通の穏やかな日でした。

 

稜線

熊穴沢の避難小屋のちょっと手前。

正面に、オジカ沢の頭と俎嵓が見えています。

 

この写真を撮った左手のところにかなりけしからん落し物がありました。

通る人は注意しましょう。

休憩中

避難小屋を通り過ぎてから休憩。

この時期になると避難小屋の周囲は安心して腰を下ろせなくなるので少しずらして休憩します。

 

天狗の留まり場前

天狗の留まり場の手前が一番岩が露出しているところです。

それでも数十メートルなのでアイゼン履いたまま通り抜けても大丈夫。

 

西黒のザンゲ岩

西黒尾根のザンゲ岩を抜けた辺りに登山者のシルエット。

 

登り中

天狗の留まり場から天神ザンゲ岩への斜面。

この時期になるといくつかクラックが入ってくるので注意が必要なんですが、今年は目立ったクラックは岩のすぐ下の一本だけです。今のところは。

天神ザンゲ岩

天神ザンゲ岩で登り最後の休憩。

 

笹帯

幕岩の尾根の奥に、佐武流山から草津白根山への稜線がぼんやり浮かんでます。

 

最後の急斜面

距離は短いんですが、急に傾斜が上がるのでみんな警戒してしまう急斜面。

ゆっくり一歩ずつ登っていけばすぐに終わるし、標高が一気に上がるので考えようによっては楽なポイントだと思います。

谷川連峰主脈

肩の小屋と主稜線を背景に撮影。

奥のぼんやりした辺りに苗場山から神楽峰、霧の塔へと続く山脈。

清水峠

山頂にて。

左から清水峠、ジャンクションピーク、朝日岳へと続く馬蹄形稜線。

左奥には巻機山。

肩の小屋前

肩の小屋に立ち寄り。

そろそろ小屋明けの準備してるところなんですけどね、と言いながら立ち寄って見ましたが、居なさそうなので写真だけとって返りましたが・・・

ロープウェーに到着したときに、後ろから小屋主のタカオさんと先代のババさんが追いついてきました。

やっぱり小屋明けの作業をしていたようです。

 

よく考えたら覗いた時に、ハメコミ戸板が外されてたんだから、作業してたんですよね。

ちゃんと奥まで覗いてみるべきでした。

肩の斜面

72歳でうちの母親と同い年のシマダさんですが、かなりの健脚。

普段のお客さん連れの時の平均時間より1時間近く早いスケジュールで進んでます。

結構休憩を多めに入れてるつもりなんですが、それでも普段より早い。

復路

下りの速さにびっくり。

普段ならお客さんを置いてけぼりにしてしまいそうな速度で歩いても、あまり差がつきません。

ゴール

シマダさん、今日はお疲れ様でした!

また他の山のガイドするときに申し込んでください!

来年は上州武尊山や四阿山などもスケジュールに入れようかと思ってます。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

谷川岳登頂コース

スノーシュー登山、谷川岳山頂。天神尾根からの4月残雪期ツアーです。ガイドツアー水上ハッピー


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト