Top > ツアーレポート > その他のコース > 今冬、二回目の鹿又山

今冬、二回目の鹿又山

リピーターさんと特設コースへ。

2018/3/19。

 

この時期は一ノ倉コースへ行くことが多いのですが、大雨と気温上昇で沢が増水して、ちょっと様子を見ないとならない常態に。

ということで、雪も有るし沢の心配も無い、特別コースの玉原、鹿又山へやってきました。

鹿又

玉原スキーパークのリフトアクセスでゲレンデ上部へ。

 

リピーター

山の会の皆さんと、御一人参加エミさんと。

どちらもリピーターさんです。

ものの五分

10分くらいで山頂へ到着。

超お手軽山頂です。

武尊

沖武尊、剣ヶ峰山をバックに撮影。

あまり右に行くと雪庇が危ないですが、ここに立つと武尊を背景に写真が撮れます。

眺望

ひとしきり、眺望を眺めてから下山開始。

 

谷川岳

正面に谷川岳を見ながら、ブナ林へ。

登りはリフト使用で10分で山頂でしたが、下りはブナの森を歩いて移動。

スノーシューコースとしては、こちらがメインです。

根明け

ブナの根明け。

残雪期の始まりですね~。

ブナの実

根回り穴にはブナの殻がいっぱい。

参加者の皆さん、一生懸命中身入りを探してました。

 

ブナの森ウォーク

ブナ林のウォーキング。

 

熊棚

昨年の秋に、熊が枝を折って実を食べた跡。

ブナの枝

散乱する、熊が折った枝。

 

爪あと

熊が登った時の爪あと。

エミさんが引っかいたわけではありません。

これ、けっこう大きな熊ですね。

きつつき穴

かなり大き目のキツツキの穴。

きつつき穴2

こちらは、低い位置のキツツキの穴。

その中には、虫が木の中に空けた穴がいっぱい。

この虫を食べたんでしょうね、キツツキ。

食事中

キツツキの食事跡を見た後は、我々もお食事。

落ち葉の道

食事中、遠くに見えてて気になってたのが落ち葉の道。

何か他の場所と違う要素があるわけでもないのに、ここだけ落ち葉が道のように連なってます。

しかも、写真に写っている距離よりもずっと長く。

窪んでて溜まったとか、盛り上がってて引っかかったとか、そういう感じでもありません。不思議。

 

湿原へ

ブナ平の平地を過ぎて、湿原に向けて下り斜面。

玉原湿原

玉原湿原到着!

記念写真

お天気がもっと悪いかと諦めてたという皆さん。

思ったよりずっと良い天気でご満悦。

神社

湿原を抜けて、入り口の神社へお参り。

帰る地蔵

ブナ平の水が湧き出す、カエル地蔵。

お疲れ様

皆さん、お疲れ様でした!!

 

2018年3月19日。

玉原。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

その他のコース

ハッピースノーシューのツアーコース。通常開催とは別に特別開催したところなど。赤城山など。


新着情報
6月後半、尾瀬学校(2018年7月 8日)
6月の登山ガイド近況(2018年7月 2日)
関連サイト