Top > ツアーレポート > その他のコース > 獅子ヶ鼻への稜線

獅子ヶ鼻への稜線

鹿又山~獅子ヶ鼻稜線。

2019/03/25。

 

リピーターのタキザワファミリーが、また申し込んでくれました。

玉原リフト

武尊山のツアーに参加する前に、足慣らしでアイゼン歩行の練習です。

 

リフト上

リフト乗り継いで、登山道に入りスタート。

 

ウサギの足跡

ウサギの足跡がくっきり残る程の硬く締まった雪。

その下には、冷え込んで硬くなった積雪層もあります。

アイゼンの練習にはよさそうです。

真剣白刃取りの木

北風で曲げられダケカンバの樹を、二本のブナの木が挟んで支えてます。

 

ウサギの前足の跡

ちょっと珍しい、前足の跡が前になっているウサギの足跡。

 

鹿又山頂

ほどなくして、鹿又山の頂に到着。

今日はここは通過点です。

獅子ヶ鼻の稜線

獅子ヶ鼻への稜線へと続きます。

左右には、武尊山と剣ヶ峰山。

 

ここで、アイゼンワークの自信をつけたら、次はチャレンジですね。

利根川源流

本谷山から大水上山へと続く、利根川源流の山脈。

奥には中ノ岳も見えてます。

 

上越国境稜線

谷川岳から巻機山へと続く上越国境稜線。

スノーボーダー

だんだんと積雪が深くなってきたので、どうしようかと思っていたら、後ろからバックカントリーの若者たちが来て踏み跡をつけてくれました。

もうちょっとだけ前に進んでみます。

ウサギの足跡3

指の跡が残るほど、しっかりしと締まった積雪ですが・・・

ウサギでこれだけ沈むのだから、アイゼン履いた人間の足では、ずぶずぶと沈みました。

 

曲がりくねっただけかんば

風雪で曲がりくねったダケカンバ。

谷川連峰

樹林帯も低くなり、谷川連峰がくっきり見えますね。

 

雪庇

樹木が少なくなり、写真も雪山の感じが出てきました。

樹林

風上側にはそこそこの木が生えてますが、本数も高さもぐっと減りました。

獅子ヶ鼻写真

獅子ヶ鼻や武尊、剣ヶ峰山が近づいてきました。

 

雪カワゲラ

ユキカワゲラ。

一匹だけ見かけました。

タキザワおかあさん

タキザワさん、ポーズが決まってます。

つまり、姿勢が良くて重心が安定してるということです。

 

谷川岳

谷川岳のアップ。

一ノ倉

さらにアップで。

折り返し

獅子ヶ鼻まで行けるかと思いましたが、ちょっと時間が足りないかもしれないので折り返し。

ここからは、稜線から北側のブッシュに入るのでちょっと大変ですしね。

下山

下山開始!

 

ブナの森

途中はすっとばして、スキー場上に戻って夏の登山道沿いに降ります。

立派なブナの森です。

 

ゴール

お疲れ様でした!

次は谷川岳ですね!

 

おまけ。

ソフトクリーム

下山後のソフトクリームとクレープで乾杯。

ラベンダーソフトが無くなってる!?と思って店員さんに聞いたら、今年から冬は無くなり夏季限定だそうです。

う~ん、夏はセンターハウスから歩きだすことが多いので、あまりここに立ち寄らないんですよね・・・。

ラベンダーソフトを食べる機会が激減しそうです。

 

鹿又山。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

その他のコース

ハッピースノーシューのツアーコース。通常開催とは別に特別開催したところなど。赤城山など。