Top > ツアーレポート > 尾瀬スノーシュー > 4月29日、雨あられの至仏山

4月29日、雨あられの至仏山

4月29日。

ゴールデンウィークに突入です!

今日はお2人貸切。


鳩待峠スタート

今日はちょっとお天気悪しです。

 

ツキノワグマの足跡

スタートしてまもなく、登山道を横切るツキノワグマの足跡。

昨日、おとといと雨で登山者も少なかったでしょうから、登山道近くも動きまわったのでしょう。


ニホンカモシカの足跡

ニホンカモシカの足跡。

少し潰れかけてるから、今日ではなく昨日より前のものでしょうか。


時折の晴れ間

雲の間から時折見せる晴れ間。

昨日、一昨日と雨が降り、今日はお天気が回復する日なんですが、ふもとの集落は晴れまでも、山岳地帯の尾瀬はまだまだ不安定です。


尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原が見えてきました。


燧ケ岳

遠くに見える尾瀬ヶ原と燧ケ岳。

とりあえず、この二つが見渡せてよかったです。


至仏山頂

至仏山頂にかかる雲。


至仏をバックに

まだかろうじて至仏が見えてます。

 

笠ヶ岳

笠ヶ岳が見えてきたので一枚撮影。


尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原の見通しがいい所まで到着。

辛うじて間に合いました。

 

尾瀬ヶ原をバックに

尾瀬ヶ原が見えているところで一枚撮影。

この後、弱い雨が降り出しました。

 

稜線上

オヤマ沢田代。

標高2000メートルを越えて完全に雲の中に入りました。

雨がアラレに変わって、横風で顔に当たって痛い痛い。


小至仏手前

小至仏手前に到着。

山頂まで行けば行けるけれども、コンディションがきついのでどうするかを相談。


戻ることに

小至仏の手前で戻ることに。

 

カモシカ親子の足跡

カモシカ親子の新しい足跡。

(行きにはありませんでした)

視界も悪いから安心して出てきたんでしょうか。


至仏山頂眺望

鳩待峠が近づくころ、至仏山頂がすっきり晴れてきました。

尾瀬看板

尾瀬看板の前で記念撮影。

川上川

ちょっと悔しいので、昼食を取った後、尾瀬ヶ原を見に行くことに。

山ノ鼻への往復なら、このあとに天候が急変してもまだ安全ですしね。

今日はこの前線が、長野や岐阜で雷を発生させてたのが一番怖いでした。

テンマ沢田代

テンマ沢田代。

水の流れが強いところから、ミズバショウのツボミ。

咲くのはまだ先です。

山ノ鼻

山ノ鼻に到着。

右側【南がわ】は晴れてますが、北、西、東は見事に雲に包まれてきました。

至仏山を

研究見本園から至仏山を眺めると、南がわの青空を北西からの雲が隠しはじめました。

慌てて記念写真。

燧ケ岳

さらに急いで尾瀬ヶ原に移動。

燧ケ岳を雲が包もうとしています。

湿原から立ち上がる雲と、上空の雲が今にも繋がりそうな中から山頂が見えています。

燧をバックに

山が隠れる前に大急ぎで記念写真。

こうしてる間にも雲がどんどん覆ってきます。

山の天気は変わり易いですね。

山ノ鼻小屋

山ノ鼻から南を見るとこんなにいい天気なのに。

帰り道

帰り道、進む先はこんなに青空。

片品村がある南の方角ですね。

しかし同じ場所で振り返ると・・・

雲

すぐ後ろにガスが追いかけて来てます。

至仏山と尾瀬ヶ原はすっかり包まれました。

雲に追いつかれた

雲に追いつかれたタイミングで鳩待峠に到着。

ほんとうにお疲れさまでした!

 

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

尾瀬スノーシュー

ハッピースノーシュー(群馬県みなかみ温泉)のツアーレポート。ゴールデンウィークのアヤメ平など尾瀬でのスノーシューツアーレポートです。


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト