Top > ツアーレポート > 尾瀬スノーシュー > 5/8、尾瀬ヶ原研修

5/8、尾瀬ヶ原研修

みなかみガイド研修

2017/5/8。

 

ゴールデンウィークがあけて、平日へ突入。

今年は雪が多く、この時期でも十分尾瀬が原を歩けるので、みなかみガイド協会で尾瀬スノーシュー研修に行って来ました。

椎坂峠を超えると黄砂も少なくなり、すっきり晴天です。

尾瀬スノーシュー

10人ほど集まっての研修。

鳩待峠からの下りはアイゼン歩行訓練。尾瀬ヶ原ではスノーシューに履き替えて移動。

アカシボ

研究見本園でアカシボ。

むじな沢

ムジナ沢。

 

天然カラマツ

天然カラマツ。

日本で二番目に太いといわれています。

花マメソフト

あまりの暑さに花マメソフト。

 

湿原

湿原にて。

雨が流れて池塘に注ぎ込む時に出来る模様が面白いですね。

みずなら

大きなミズナラ。

普段なら入れないエリアを歩いてると、立派な樹木が次から次へと見つかります。

 

動物の毛

ミズナラの洞に、動物の毛がみっしり。

骨や皮が見つからないので、何かの動物が保温材として運びこんだのでしょうか。

研修

日本で二番目の天然カラマツ、知っている人もあまり居ないので、ガイドでも行ったことが無い者が結構居ます。

天気も良くて良い研修になりました。

 

2017年5月8日。

尾瀬ヶ原。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

尾瀬スノーシュー

ハッピースノーシュー(群馬県みなかみ温泉)のツアーレポート。ゴールデンウィークのアヤメ平など尾瀬でのスノーシューツアーレポートです。
スノーシューコース


新着情報
市民ハイキングで尾瀬へ(2017年7月18日)
上州武尊(牧場コース(2017年7月11日)
関連サイト