Top > ツアーレポート > 谷川岳登頂コース > 4月8日、谷川岳。

4月8日、谷川岳。

谷川岳天神尾根。

2019/04/08。

 

旅行会社さんのガイドで谷川岳に行ってきました。

雪の谷川岳、ピッケル・アイゼンの入門編的な感じです。

今回は岳友舎から依頼でヘルプに行きました。

ピッケルアイゼン登山

某お天気予報サイトがAを付けている日。

お客さんが「この後、お天気良くなるんですよね?」

私「いえ、今日そんなにお天気良くないのであまり期待しないでください(汗)」

 

前日はお天気が良かったのです。

雪訓

この日(前日の日曜日)は、バスで到着して、岳友舎の中島ガイドのピッケル・アイゼン訓練でした。

 

 

旅行会社としては、お天気次第では二日間の行程のうち、どっちで登頂するかを変更できるプランだったそうですが...

一番目の岩

山頂近辺から上はガスに覆われてます。

 

ザンゲ岩

天狗の留場と、右上はザンゲ岩。

時折、山頂近くまでガスが晴れてきますが、なかなかそれ以上は良くなりません。

もっさん

こんな日に、西黒から登ってる人が居るな~と思ってみてたのですが、

山仲間のもっさんでした。

 

エビの尻尾

山頂近辺は風も強く、真冬装備に切り替えないと居られませんでした。

 

トマノミミ。

天候悪いからトマノミミで折り返そうかな~とも思ってたのですが...

朝いちばんで出発しているから時間はたっぷり有りますし、お客さんから「オキに行きたいオーラ」がすごい出てるので・・・

トマまでで良い人は山小屋で待っててもらい、装備体力しっかりしてる人達を連れてオキを目指します。

 

冬用の手袋しか持ってきていないお客さんが、序盤で暑がっていましたが・・・山頂以降のこの寒さに「冬用持ってきてよかった」。

オキノミミ道標

ガラガラなので、あっという間に到着。

オキノミミ撮影

記念撮影。

 

留場

目的を済ませたら、早めに下山。

留場まで降りてきても、この天気です。

さすがにここまでくれば、てん〇らが付けたAの天気になるかと思ったのですが・・・

熊穴沢の頭

熊穴沢の頭まで戻ってきたら、A予報のお天気どおりの天気になりました。

もちろん、山頂方向は荒天のままです。

谷川岳

山頂はずっと、どんよりでした。

昨日と今日、AとCが逆でしたね。

 

避難小屋

現在の避難小屋の状況。

かなり雪で埋まってます。

 

谷川岳。

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

谷川岳登頂コース

スノーシュー登山、谷川岳山頂。天神尾根からの4月残雪期ツアーです。ガイドツアー水上ハッピー