Top > ツアーレポート > 谷川岳登頂コース > 4月3日、谷川岳山頂!

4月3日、谷川岳山頂!

4月3日、谷川岳山頂コースです!


今日は快晴!

に見えますが、午後から天候が荒れる可能性があるのでちょっと早めに集合してもらいました。

谷川岳山頂コース

もう暑くて上着も着てられないような天気です。


谷川岳

谷川岳もくっきり見えてます。


谷川岳を見上げる

谷川岳を見上げるカワノさん。

スキー場の脇を抜けて、天神尾根まで上がって来ました。

ここからいよいよです。


天神尾根

今日一番の早起き!千葉から始発でやってきました、タナカさん。


イシトビさん

リピーターのイシトビさん。

暑いので装備変更中。


西黒尾根

歩き始めてほどなくすると、西黒尾根に隠れて山頂が見えなくなります。


熊穴沢の避難小屋を抜けて上がっていくと森林限界。

ダケカンバ

岳(だけ)に生えるカバノキ、ダケカンバ。

強風や雪で曲がってもなお生きてます。

木の周りに雪ではなく、透明な氷が張り付いてます。

まさに樹氷ですね。


天狗の留まり場

天狗の留まり場で休憩。

ここを越えると、風がいっそう冷たく厳しくなります。

日射が当たっているから暑く感じますが、吐く息は白く氷点下。

 

天神ザンゲ岩

しっかりアウターを着込んで、肩の広場を目指しましょう。


直登

ここの登りはきついですが、距離が短いので少しの辛抱。

 

肩の広場

傾斜が緩くなってきたらそこは肩の広場。

 

万太郎谷

斜面下は越後湯沢の山。


群馬と新潟の県境の稜線に目をやると・・・

オジカ沢の頭

オジカ沢ノ頭の辺りに小さな雲が発生してます。


朝日岳

東側に目をやると、朝日岳にも厚い雲。

こりゃいかん、ということで肩の小屋休憩を挟まずに山頂へ。


エビの尻尾

山頂トマノミミにある岩。

エビの尻尾と言われる氷雪がくっついています。

寒さと強風が作り出す造詣です。


谷川岳トマノミミ

さっそく、山頂にて記念撮影。

オキノミミをバックに


オキノミミその2

こちらはオキノミミをバックに撮影。


雲の中

そして山頂からくだり始めると・・・ほんの数分で雲の中。

後ろにあるはずの山頂近辺が見えません。

ホワイトアウト?

山の雲の動きは速いですねー。

くだり

写真だから曇りがいっそう濃く見えますけど、実際はもうちょっと視界がいいです。


下り坂

ちょっと降ると視界が良くなってきます。

といっても、僕らの足に合わせて雲が下りて来てるので、追いかけっこな感じですね。

天狗の留まり場まで降りてきてお昼休憩。


下り斜面

急斜面は気をつけてゆっくり降りましょう。

熊穴沢の頭

熊穴沢避難小屋も過ぎて、だいぶスキー場が近くなってきました。

地吹雪

谷川岳を振り返っても、地吹雪しか見えません。

地吹雪その2

降雪量はたいしたことは無いんですが、強風で地吹雪が発生。

写真にも白い粉雪が舞ってます。

スキー場すぐそこ

ここまで来て、やっと風も弱く。

スキー場はすぐそこです。

到着!

天神平ロープウェーに到着!

今日は、好天と荒天両方の谷川岳が楽しめましたね!

スノーシュー日記一覧へ

ツアーレポート

ハッピースノーシューのトレッキングツアーの記録、レポートのページです。群馬県みなかみ町(旧水上温泉)。

谷川岳登頂コース

スノーシュー登山、谷川岳山頂。天神尾根からの4月残雪期ツアーです。ガイドツアー水上ハッピー


新着情報
10月のハイキング(2018年11月18日)
秋の谷川岳縦走(2018年11月11日)
関連サイト